PIPCとは

PIPC(Psychiatry In Primary Care)はバージニア州立医科大学 精神科・内科・家庭医科准教授 Robert. K. Schneider先生が考案された、内科医が自分なりにかつ妥当に精神科的対応ができるようになるための教育訓練システムです。2002年より米国内科学会年次総会において、Herbert Waxman Learning Center(現在はHerbert S.Waxman Clinical Skills Center)という教育セッションコーナーの1セクションとして展開されました。
2005年より、井出広幸先生がセッションに参加し、Schneider先生より、日本でのPIPC全面展開を承認されました。
2008年4月に米国内科学会の正式セミナーとして承認されました。

現在日本において、
1)ベーシック・コース、アドバンスト・コース、ファンダメンタル・コースなど、各種セミナーの開催
2)メーリングリスト等による情報交換
を中心に活動しています。